聴神経腫瘍とは?

聴神経腫瘍は良性の脳腫瘍です。脳以外の臓器に転移したり急激に腫瘍が大きくなるようなことはありません。

聴神経腫瘍改善に効果のあるものとは

no.1

ガンマナイフなどの放射線治療

聴神経腫瘍の腫瘍に対してガンマナイフなどの機器で放射線を浴びせることによって腫瘍を小さくします。

no.2

経迷路法で腫瘍を摘出する

経迷路法という外科手術で腫瘍を摘出することにより、聴神経腫瘍を改善させることができます。

no.3

中頭蓋窩法で腫瘍を摘出する

中頭蓋窩法という外科手術によって腫瘍を摘出することにより、聴神経腫瘍を改善させることができます。

no.4

後頭下開頭法で腫瘍を摘出する

後頭下開頭法という外科手術で聴神経腫瘍の腫瘍を摘出して改善させることができます。

no.5

外科手術と放射線治療を組み合わせる

聴神経腫瘍を改善させるために外科手術と放射線治療を組み合わせる場合もあります。放射線治療によって腫瘍をある程度小さくした上で外科手術を行って腫瘍を摘出します。

診察

どのような病気か

聴神経腫瘍とは、聴神経を形成している蝸牛神経と前庭神経に出来る腫瘍のことです。良性の腫瘍で、すぐに命に関わるようなことはないですが、発見が起きられると歩行障害や意識障害を引き起こすこともあります。検査はMRIによって行われ、腫瘍の影が見えることで発見に至ります。聴神経腫瘍が出来る原因は、はっきりは分かっていませんが加齢やストレスなどが影響していると考えられています。そのため、誰でもなってしまう可能性のある病気と言えます。10万人に1人と言われている発症率ですが、脳腫瘍の病気の中ではおよそ1割程度を占めています。腫瘍が発見されてからは、急激に大きくなる人もいれば、何年経過しても大きさが変わらない人もおり、個人差が大きいためまずはMRIで経過観察をするのが一般的です。大きくなるスピードが速い場合、速やかに治療に移りましょう。

症状や治療法について

聴神経腫瘍が出来ている場合、現れる症状はふらつきや耳鳴りなどです。初めは軽い症状で痛みも少ないため、気づかない人が多いです。しかし、その後腫瘍はゆっくりと成長していき、やがて聴力の低下や、顔面の麻痺、吐き気や頭痛などの重い症状が出てきます。この時点で病院を受診する人がほとんどです。投薬治療の方法はなく、開頭手術で腫瘍を取り除く方法か、放射線を当てて腫瘍をなくすガンマナイフという方法が取られます。腫瘍が小さい場合はほとんどガンマナイフが行われますが、腫瘍が大きい場合は手術が必要になります。良性の腫瘍と言われてはいますが、重い症状や手術など身体的負担は大きいため、出来るだけ早く気づき、早期治療を開始することが大切です。体のちょっとした不調を感じたら、すぐに病院へ行くことを習慣づけておきましょう。

難しいと言われる手術に関してもおまかせください。聴神経腫瘍などに多くの実績があります。ご相談などお気軽にどうぞ。
脊髄損傷の治療を進めよう
優良クリニックを厳選特集☆
検便検査の宅配キットを利用しよう
病院に行けない人に大人気☆

株式会社トラスト健康総研

まずは原因を追求することが大切。糖尿病の症状を改善するために知っておきたい基礎知識をレクチャー。

広告募集中